プロフィール

空の鯨

Author:空の鯨
千葉県在住の男性(50歳)です。

本業はサラリーマンにつき今は本名を公にできませんがハンドルネームは「空の鯨」と申します。

陶芸と出会って約3年、夜と週末は大好きな土と奮闘する毎日です。
現在は自宅に小さな工房を構え展覧会にも参加しています。
※陶器市や展覧会などでお会いした方には本名で自己紹介させていただきますネ(^-^)/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


人気ブログ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
7475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1587位
アクセスランキングを見る>>

くじらや奮闘記


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

ハンドケアの日々

週末2日間はずっと土に触れておりましたが、あいかわらず手荒れがひどく右手の親指などは1cmくらいパックリひび割れており、手びねりもキツい状態です。
冬場の手荒れ(ひび、あかぎれ)対策をさらに強化しないと痛くてこれ以上陶芸を続けられません。

手荒れの原因はロクロを挽いた時の土との摩擦で皮膚が傷つくものと考えておりましたが、土と接触しない箇所にもあかぎれが発症したことから原因は他にあるのだろうと思います。
冬は皮膚の代謝が悪いうえに本来皮脂や汗の分泌などで形成される皮脂膜が洗い流されて保護するものが無くなるから起こるらしい。といった理由から手洗いは冬でもお湯より水の方が良いらしい。

予防手段としては入浴時以外はお湯を使わず、こまめに保護クリームを塗る習慣を徹底したいと思います。
すでに悪化している部分には最近CMで見かける「ヒビケア軟膏」なるモノを買って塗ることにしました(効果のほどは後日報告いたします)。

さて、土曜日の教室は午前中に茶香炉を2つ作ってみた。
いつものように教室で成形した物を持ち帰り自宅工房で化粧と細工を施しました。
茶香炉はみよう見真似で初めて作ってみましたが他の作品を見ると固形燃料(ろうそく?)をセットする穴以外にいくつもの穴が空いていました。

こういった穴は火を焚くうえで炉内に酸素を取り込むために必要不可欠なモノなのか、ただのデザインなのかが解りません。

茶香炉
とりあえず穴は空けてみましたが、たくさん空けた物と少しだけの物・・・。
それぞれの火の燃え方や茶葉の反応を見てみたいと思います。


そして午後からは「ケロ吉の家」を製作、屋根は1枚の大きな葉っぱにしてみました。

【ケロハウス】
ケロハウス

図面などひかずに感覚で作製したのでイメージしていたよりだいぶ大きな家になってしまった(ケロ吉のサイズで比較するとかなりの豪邸だ)。
焼き締めてアクリルで色付けするつもりですが強度を保つため内側だけ施釉します。

それと先日作ったカップのソーサー、ブログを見た陶芸仲間から「あれは小さすぎない?」との意見があったので改めて作りなおりました。
しかしあまりにも手が痛くて左手で成形したら倍も時間がかかるし5枚作るのに3枚も失敗してしまった(>o<)

それではまた(^o^)/~


↓今日も押してってネ↓

陶芸 ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kujiraryodan.blog34.fc2.com/tb.php/93-2ba3e99b

 | ホーム |  page top