プロフィール

空の鯨

Author:空の鯨
千葉県在住の男性(50歳)です。

本業はサラリーマンにつき今は本名を公にできませんがハンドルネームは「空の鯨」と申します。

陶芸と出会って約3年、夜と週末は大好きな土と奮闘する毎日です。
現在は自宅に小さな工房を構え展覧会にも参加しています。
※陶器市や展覧会などでお会いした方には本名で自己紹介させていただきますネ(^-^)/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


人気ブログ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2885位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
643位
アクセスランキングを見る>>

くじらや奮闘記


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

愛読書?

僕は週刊誌というものを滅多に買うことはありませんが、月刊で発売される『BikeJIN(倍倶人)』と『おとなの週末』という2誌は本屋で立ち読みして気に入った写真や記事があると購入しています。

『BikeJIN』に関してはもともとオートバイが好きで自分でも乗っていることもあり以前から愛読していましたが、『おとなの週末』は陶芸を始めてから読むようになりました。

雑誌

『おとなの週末』には雰囲気の良い居酒屋やBARの人気メニューなどが数多く掲載されており、そういったお店がチョイスするインテリアや料理が乗った和食器の写真がまた興味を惹くのでデザインの参考になっているかと思います。
なかでも黒系統の器が好きで鮮やかな料理の色が引き立ちますし何より旨そうに見えます(^-^)

そういえば電気窯のインプレで窯に詰めた6個の小鉢はうまく焼き上がりましたよ。

漆黒小鉢1
【漆黒小鉢】赤土(荒目)に黒マット釉です。

僕は器以外にも癒し系動物の小さな人形も製作しています。
人形の良し悪しはその表情によって決まると思います、特に目が重要で色や形で可愛さが大きく左右されます。
僕が作る作品のほとんどはマスコット的な形に光沢のある黒のまん丸目玉!
実際の動物で例えるとリスやハムスターのクリクリでキラキラしたあの愛くるしい目です。

人形の大きさに合ったポンス(粘土板に穴をあける道具)で目のフチを形成したら中心に黒でまん丸を描きます。

ポンストロー
ポンスは高価なので色々なサイズのストローを代用することもあります。

絵筆でまん丸を描くのは非常に難しいので僕は綿棒を使っています。
目玉を上に向けて真上から綿棒でちょこんと塗料を乗せる感じです。

目玉
僕はタミヤのアクリル塗料(ブラック)を使用しています。

今まで使った黒の中では1番粘度が高く速乾性があるので流れる心配はありません。
もっと速乾性が高く色落ちも無い簡単な塗料でラッカーという種類の物がありますが1度使ったらあまりのシンナー臭さに激しい頭痛がして「こんなの使い続けたら絶対廃人になる!」と思いやめました(笑)

現在自宅工房では先日の黒化粧で生き残った試作マグ4点の素焼中(もう終わってると思いますが)。

うまく焼き上がるといいけどなぁ

それではまた(^-^)/~


↓今日も押してってネ↓

陶芸 ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kujiraryodan.blog34.fc2.com/tb.php/9-85e9be67

 | ホーム |  page top