プロフィール

空の鯨

Author:空の鯨
千葉県在住の男性(50歳)です。

本業はサラリーマンにつき今は本名を公にできませんがハンドルネームは「空の鯨」と申します。

陶芸と出会って約3年、夜と週末は大好きな土と奮闘する毎日です。
現在は自宅に小さな工房を構え展覧会にも参加しています。
※陶器市や展覧会などでお会いした方には本名で自己紹介させていただきますネ(^-^)/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


人気ブログ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
6907位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1522位
アクセスランキングを見る>>

くじらや奮闘記


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

高級魚の住処

夏季休暇前半にタチウオの大会に参加した話をしましたが、休暇の後半は友人を誘ってその大会で攻めたポイントにマイボートで行ってみた。
そして友人は釣り仲間のUさんを誘ってきたので3人の釣行となった。

僕の船はキャビンが大部分を占めるプレジャーボートなので、どちらかと言うと釣りには不向きなのだが後部に2人と前方デッキに1人の3人程度なら何とか釣りも楽しめる。

まず最初に向かったのが大会で最初に攻めた富津沖にタチウオ船団ができていたポイント、その日も平日ではあるものの数隻の船団がいた。

こちらは船長も釣りをするので中には割り込まず、少し離れた場所からジグを落としたのだがまったくのノーバイトで午前中に釣れたのはホウボウのみ!(これも美味しい高級魚なのでキープしましたが)

しかし、アタリが無いのは我々だけでなく船団を成している遊漁船を見ても光り輝く魚体を釣り上げるシーンは無かったのでタチウオはまだ回遊して来なかったのだろうか。

仕方なく大会後半で大物を狙ったポイントを攻めてみるため移動したのだが、こちらもまったく無反応でガソリンの無駄遣いとなってしまった。

お昼を食べながら最初のポイントに戻ってきた時は午後になっており、午前中にいた船団は全部帰港したもよう。
タチウオは午前船の釣果が出なかったから午後船は出船しないのかもしれない。

我々はここぞとばかり午前中に船団がいた場所のド真ん中から流し始めると、3人とも立て続けに本命のタチウオをゲット♪
全員アベレージサイズではあったものの、やっと釣れた本命に船中は大盛り上がり!

しかし、この時点でガソリンは底をつきそうになっていたので、そう何度も流し直すことが出来ずに釣果も伸びず(涙)
潮も速くてどんどん流されるので、エンジンを切ったまま潮任せの風まかせで最後の流しでマイクロジグをキャストして五目ジギングに切り替えた。

その時、超スロージャークでジグを泳がせていると中層でアタリ!「なかなかデカそうだ」
釣り上げてみると、なんとフグ・・しかもトラフグではありませんか。「近年、東京湾にトラフグが繁殖している」とTVで言ってたけど本当にいました!

【釣果】
富津沖釣果20170728
良いサイズのトラフグですが、持ち帰ったのはタチウオとホウボウだけ。

しかし、フグなんて調理できないしヒレだけでも持って帰ろうかと思案していると、同船していたUさんが「鯨さんが持って帰らないなら僕にください」との事、どうやら近所の居酒屋に持ち込めば調理してくれるらしいのだ(この後に釣れたサバフグもあげました)。

なんとも羨まし過ぎます、こんな近海でトラフグが釣れると知ったいま、我が家の近所にも持ち込みで下処理してくれる店を探索中なのであります。

今日も見にきていただき有難うございます、それではまた(^o^)/~

↓「クジラ」押してってネ↓

人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kujiraryodan.blog34.fc2.com/tb.php/853-2ceda609

 | ホーム |  page top