プロフィール

空の鯨

Author:空の鯨
千葉県在住の男性(50歳)です。

本業はサラリーマンにつき今は本名を公にできませんがハンドルネームは「空の鯨」と申します。

陶芸と出会って約3年、夜と週末は大好きな土と奮闘する毎日です。
現在は自宅に小さな工房を構え展覧会にも参加しています。
※陶器市や展覧会などでお会いした方には本名で自己紹介させていただきますネ(^-^)/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


人気ブログ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
7475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1587位
アクセスランキングを見る>>

くじらや奮闘記


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

小型船舶免許

小型船舶とは20トン未満のボート、その中でも船体の長さが3m未満でエンジンの出力が2馬力以下であれば操船免許は不要です。

汽水域であればこのクラスのボートでも充分釣りが楽しめますが、海釣りともなるとうねりや潮の流れなどに影響を受けたり、沖で風などが強くなると帰港すらままならない状況に陥ります。

そのような訳で免許取得を決意したのであります。
そしてまずは教習所探し、ネットで調べたら色々な取得手段があり取得までの費用も様々です。

①僕が大型バイクの免許を取得したような、一発試験のような取り方もあって直接試験場に出向いて受験する、これが1番安上がりですが手続きもすべて自分でやるのでかなり面倒です。

②技能講習だけ受講して学科は自己学習する方法、手続きもスクールがやってくれて6万円~8万円程度です(この方法がオススメだと感じました)。

③1番費用がかかるけど短時間で確実なのが国家試験免除のコース、国交省の認可を受けた教習所が運営するスクールなので、技能教習直後に技能試験が実施されて学科教習直後に筆記試験を実施してくれるので、まず不合格になる事は無く受講料は127,000円と高額となりますが、たったの2日間で免許が取れます。

そして今回僕が選んだのが③のコース、2日間しかないので身体検査は事前に受ける必要があります。
身体検査票は指定のフォームをダウンロード/印刷して歯科医以外のかかりつけの病院で記入してもらいます。

「歯医者さん以外ならどこでも良いと言われても・・」良くわからないので会社近くで健康診断などを行なっているクリニックを訪ねてみた。

「この書式の健診はやった事ありませんが出来ますよ」と言われ、続けて「検診は保険が効かないので10,500円かかります」と言われた。

あまりの高額にビックリ、疑問に感じてネットで相場を調べてみると1,500円~3,000円と出ていたので、すぐさまクリニックはキャンセルです。

次に、最近まで扁桃炎で通っていた耳鼻咽喉科で「この診断書を書いてもらうのにいくらかかりますか」と聞くと事務員が先生に確認してくれて「1,000円で結構だそうです」とのこと(ビックリです)。

今後、同様の経験をされる方のためにアドバイスするなら法人向けに健康診断などを請け負っている医院だと型にはめられて高額を請求される恐れありという事です。

身体検査の書類が完成したら受講申請書と証明写真を3枚同封してスクールに送って、受講料の銀行振り込みが終わったらあとは講習日を待つばかり。

【千葉港】
千葉マリーナ
講習会場の窓から見える隣りの港で技能講習です。

講習初日は技能講習からスタート、初めは陸上でロープワークを練習します。
そして教わったロープの結び方で船の係留と離岸の方法、離岸後は沖へ出て操船の練習と着岸の練習してから一旦港へ戻り試験官を乗せて試験が始まります。

教わった事をそのまま実行するだけなので、よっぽどのことが無い限り問題無く乗り切れます。
技能教習を終えた頃には最初に教わったロープワークは忘れているので帰港中に復習しておくと良いでしょう。

【学科試験場】
小型船舶試験場
学科試験も講習室で講習後に実施されます。

学科講習は初日の午後から始まり2日目の17:50までみっちり受講します。
最初に教官いわく「受講中に寝なければ受かりますよ」と言っていましたが、今回の受講日程で受講生は僕ひとりだったので、いくらスチャラカな僕でもマンツーマン授業で寝る度胸はありません(笑)

しかし2日目は長かった、みっちり8時間の授業を終えてから学科試験スタートです。
試験時間は70分間で最初の20分は退席不可とされ、その後は解答が終われば退出可能となります。

出題は4択で50問のマークシートです、授業はしっかり聞いていたので35分で解答を終えて「終わりました」と合図をすると、その場で採点が開始されます。

先生いわく「この場では合否をお伝えする事はできませんが、くじらさんの解答は2問しか間違いがありませよ」、60%の正解率で合格なので確信して良いと言う事なのでしょう(^o^)/ヤッタ

そんなこんなで「免許を取ろう!」と思い立ってからわずか10日で小型船舶受験を終えました。
あとは自宅に免許証が郵送されてくるのを待つばかりナリ。

今日も見にきていただき有難うございます、それではまた(^o^)/~


↓「クジラ」押してってネ↓

人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kujiraryodan.blog34.fc2.com/tb.php/647-b1d22ff3

 | ホーム |  page top