プロフィール

空の鯨

Author:空の鯨
千葉県在住の男性(50歳)です。

本業はサラリーマンにつき今は本名を公にできませんがハンドルネームは「空の鯨」と申します。

陶芸と出会って約3年、夜と週末は大好きな土と奮闘する毎日です。
現在は自宅に小さな工房を構え展覧会にも参加しています。
※陶器市や展覧会などでお会いした方には本名で自己紹介させていただきますネ(^-^)/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


人気ブログ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
7475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1587位
アクセスランキングを見る>>

くじらや奮闘記


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

片貝釣行(4/17)

先週金曜日は午後から打合せ後の飲み会でかなり飲み過ぎてしまい、翌日は1日ダウンしておりました。

朝から飲まず食わずのまま夕方までベッドの中、暗くなる頃からようやく元気になり、この調子じゃ夜はどうせ眠れないし、明日のツーリングも雨天中止なので片貝港へ夜釣りに出掛けました。

出掛けに釣具屋によって仕掛けとエサを購入してからファミレスでお腹を満たした後は給油して車のお腹も満たしてから出発。

夜釣りはさすがにバイクでは行きません、疲れたり悪天候に遭遇した場合に休憩(仮眠)や避難する場所が必要です、それに地震発生時には津波情報を確認するためのカーラジオは必須です。

そしてこの日は風と波が高くて午前2時過ぎの満潮時には波しぶきも高くなってきたので、投げと胴突き仕掛けを置き竿にした状態で車内に一時避難しました。

【置き竿監視中】
釣座20160417
ヘッドライトを照らして車の中から竿先の反応を監視中

このあと一時的に雨も降ったのでバイクで来ていたら撤収する事になっておりました。
このような状態で監視を続けながら10分おきにエサを確認します。

そしてTVを観ながら車内でくつろいでおりますと窓の隙間から「チリン」と鈴の音、風かもしれないけど念のため確認に行くと・・・「チリンチリン」と胴突き仕掛けの竿先に付けた鈴が鳴っているので巻いてみると・・・。

【シマダイ】
シマダイ201604
まだくっきり縞模様が残るイシダイの若魚です。

若魚と言っても手の平を超えるサイズはあるので当然キープです。
潮が引き始め魚の反応が無くなると同時に風も一層強くなってきたので、明け方まで仮眠をとる事にした、しかしその前に腹ごしらえのお夜食タイムです。

【湯沸し中】
夜食20160417
リアゲートを開放し、お湯を沸かしてカップ麺を作っております。

暖かいカップ麺を啜りながらカップ酒をクイッとやってから就寝・・・。
そして夜が薄っすらと開ける頃に車外に出るとモーレツな強風が吹き荒れております(汗)

これ「台風ですか?」、もう竿先でアタリを取れる状況ではありません。
南風なので寒くはありませんが、風でいろんな物が飛んでくるので夜間と同様に車から監視の釣りを続ける事に(まだエサもたっぷり残ってますからね)。

もうヘッドライトは必要ないのでドア側の窓から竿先を監視するもアタリと思える反応は無し、10分おきのエサ確認でも食い気すら無くなったので最後に場所を風裏へ移動。

風裏の堤防からは真っ直ぐ投げられるものの風でアタリが取れない状況は変わらず、おまけに後方の堤防に打ちつける波しぶきを頭からかぶるほどになってきたので午前9時にやむなく撤収することに、最後に投げた仕掛けを回収すると良型のフグが付いていたよ(笑)

結果的にこの日の釣果はシマダイが1匹でエサも半分無駄にしてしまった。
片貝港は堤防の近くにエサの自販機も設置されているので次回は半日分ずつ用意する事にしよう。

そして、持ち帰ったシマダイは刺身にするには小ぶりなので塩焼きにする事に、帰宅後にウロコ、頭とワタを取ってから塩を振って酒に30分浸けておいた物を晩飯前に焼いて食べました。

【塩焼き】
シマダイ塩焼
イシダイは初めて食べたけど身がプリッとしていて臭みは無く、僕的には真鯛より格段に美味いと感じました。

今日も見にきていただき有難うございます、それではまた(^o^)/~


↓「クジラ」押してってネ↓

人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kujiraryodan.blog34.fc2.com/tb.php/643-d100cf3a

 | ホーム |  page top