プロフィール

空の鯨

Author:空の鯨
千葉県在住の男性(50歳)です。

本業はサラリーマンにつき今は本名を公にできませんがハンドルネームは「空の鯨」と申します。

陶芸と出会って約3年、夜と週末は大好きな土と奮闘する毎日です。
現在は自宅に小さな工房を構え展覧会にも参加しています。
※陶器市や展覧会などでお会いした方には本名で自己紹介させていただきますネ(^-^)/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


人気ブログ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
6907位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1522位
アクセスランキングを見る>>

くじらや奮闘記


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

競歩なおじさん

先日確認した週間天気予報どおり朝から雨が降っております。
そして明日の午後に雨はあがる予報なので週末の旅行中に傘をさす必要は無さそうです。

さて、昨日の会社帰りにも遭遇したのだが、定時退社した日によく見かける変わったおじさんがいる、エレベーターに乗ってくる階数からすると同じ会社の社員で服装はスーパクールビズではないので営業職であると思われる。

年齢は定年間近くらいのご高齢社員、退社時間やお弁当らしき手さげバッグを持っているところからすると僕と同じ事務系社員の可能性が高い。

このおじさん、何が変わっているのかと言うとエレベーターを降りてからの動きが半端なく面白いのだ。

僕の会社から駅のホームまでは約1kmほどの道のりなのだが、おじさんはエレベーターを降りると駅まで脇目も振らずまっしぐらに歩く、人波をかき分けてどんどん歩く、しかもおかしなフォームでメッチャ速いのだ。

定時退社にもかかわらず終電ギリギリ感の形相で周りの人達を抜き去って行くのです。
当然僕も抜かれ離されてゆきます、しかしながらこのおじさんを見失う事は決してありません。
途中でスタミナが切れるのだと思います、次に遭遇した時は別人のように遅いんです。

肩で息をしています、今度は先ほど抜いた人達にかるく置いて行かれます。
結果的に電車に乗る時間は一緒に会社を出た誰よりも遅いと思われます。

小学校の持久走で、目立ちたい一心でスタートから全力を出して脇腹を押さえながら自滅していく奴がいたが、あれによく似ている。

最初から飛ばさずにスタミナを温存しながら普通の速度で歩けばもっと早い電車に乗れると思うのだが、おじさんには過去の反省や教訓といったものは関係無いらしく行動パターンはいつも同じなのだ。

こちらとしては帰り道に面白い光景が見れるから別に良いのだけどね(笑)
そして帰宅後は、焼成スタートさせて出勤した窯の様子を見てみると・・・。

さすがにまだ完了していない、窯内温度は300℃近くありましたが寝る前には200℃を切っていたので栓を外してから就寝(小型の窯は冷めるのも早くで楽です)。

【早朝窯出し】
素焼20150907
朝起きて上扉を開けてみると、すべて破損なく無事生還してくれました(^o^)/オカエリー

来月のパラソルギャラリーの開催は2日間、用意する予定の展示台もそれほど広くないので製作量としては充分です。
あとは開催日までに本焼成が間に合うかどうかであります(汗)

今日も見にきていただき有難うございます、それではまた(^o^)/~


↓「クジラ」押してってネ↓

人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kujiraryodan.blog34.fc2.com/tb.php/518-0fdda017

 | ホーム |  page top