プロフィール

空の鯨

Author:空の鯨
千葉県在住の男性(50歳)です。

本業はサラリーマンにつき今は本名を公にできませんがハンドルネームは「空の鯨」と申します。

陶芸と出会って約3年、夜と週末は大好きな土と奮闘する毎日です。
現在は自宅に小さな工房を構え展覧会にも参加しています。
※陶器市や展覧会などでお会いした方には本名で自己紹介させていただきますネ(^-^)/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


人気ブログ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4228位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
893位
アクセスランキングを見る>>

くじらや奮闘記


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

たけやぶやけた

今朝のTVでJRの設備ケーブルが燃えるなど相次いだ不審火を起こしたとされる容疑者が逮捕されたとニュース報道されていた。

容疑者は「自称ミュージシャン」との事だが、この自称・・って何なんだろ?
調べてみると、報道時点で本人が申告する職業のウラ(確証)が取れていない場合に自称が付くらしい。

自称会社員とか自称アルバイトなんかと違って、タレントやミュージシャンの力量は人気や知名度に比例する、テレビによく出演するような誰でも知っている有名人なら"自称"は付かないわけだから、この42歳にして自称ミュージシャンの容疑者は大変お気の毒な方なのだ。

しかも容疑者を知る人物へのインタビューでは「ヒッピーみたいなやつだ・・・。」と言っている。
おっと、ここでまた解かりづらい表現が出てきました。

ひと昔前のアメリカ映画などでよく耳にしたワードであります(若い人は知らないよね)。
大好きだった映画「イージーライダー」に登場する主役の2人もそんな位置づけの人物だった気がする。

一応このワードも調べてみた、ウィキペディアを引用すると「ヒッピー(英: Hippie)とは、伝統・制度などの既成の価値観に縛られた人間生活を否定することを信条とし、また、文明以前の野生生活への回帰を提唱する人々の総称。」 詳しくはコチラ【ウィキペディア】

なにこれ、ターザンですか???
何とも羨ましい生き方ではありますが、現代の日本社会において通用するはずがありませんよね。

本業とは違ったかたちではあるけれど知名度はアップしたし、想いもぶちまけられるだろうから、これからは改心して大人しく生きてほしいと思います。

何にしても放火は重罪です、絶対にやめてほしいですね。
実のところ昔僕も故意ではありませんが火事を起こしそうになった事があります(たぶん時効になるほど昔の話なので告白します)。

高校時代の友人と浜辺で打上げ花火を手に持って遊んでいました(危険なので絶対にやめましょう)。
海に向かって打つと綺麗だったのですが、火の粉が腕にかかり払いのけようとした瞬間、花火は陸の方へ放たれ竹やぶへ・・・。

そのうち花火が命中した辺りがメラメラと燃えはじめ(汗)
慌てて花火が入っていたポリ袋に海水を汲んで消火に走りましたが、水はほとんど炎に届かず火が消えるどころかどんどん拡大していきます(大汗)。

ところが、一緒にいた友人がそれをやると百発百中で、あっというまに炎が収まりポリ袋放水3回ほどで完全に消火しました。

ほっと一息ついたところで友人に「オマエその技は何処で身に付けた?」と聞くと「職場の消防訓練でいつもやらされるんだよ」とのこと、彼は以前「営団地下鉄(現在の東京メトロ)」の職員で緊急事態に備えた訓練をよく行なっていたのだ。

彼のおかげで僕は翌日の朝刊に山火事の原因となった「自称会社員・・」として報道される事無く、前科も付かずに今まで生きて来られました(本当に感謝しています)。
その後、僕も彼の教えで「ポリ袋消火」の特訓をしたことは言うまでもない。


さて、昨夜は無事に素焼を終えました。
帰宅時点では窯内温度が77℃、熱くて作品に触れないので上扉解放状態で一旦放置。

【素焼後作品】
素焼完了20150915
器は全部で11個入っておりました。

【素焼き2回目】
素焼開始20150916
そして今朝、2回目の素焼きに入りました。

本焼きはこんなにたくさん詰められないので、時間がある時はこまめに焼いていかないと展覧会に間に合いません。
遊んでばかりいられないぞ~(汗)

今日も見にきていただき有難うございます、それではまた(^o^)/~


↓「クジラ」押してってネ↓

人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kujiraryodan.blog34.fc2.com/tb.php/517-ec39d41f

 | ホーム |  page top