プロフィール

空の鯨

Author:空の鯨
千葉県在住の男性(50歳)です。

本業はサラリーマンにつき今は本名を公にできませんがハンドルネームは「空の鯨」と申します。

陶芸と出会って約3年、夜と週末は大好きな土と奮闘する毎日です。
現在は自宅に小さな工房を構え展覧会にも参加しています。
※陶器市や展覧会などでお会いした方には本名で自己紹介させていただきますネ(^-^)/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


人気ブログ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
7475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1587位
アクセスランキングを見る>>

くじらや奮闘記


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

万年筆より高価な「モンブラン」の産物?

ある登山家がフランスの山「モンブラン」で大量の宝石が入った金属製のカバンを見つけたらしい。(yahoo_News)

20世紀に墜落したインド機に積まれていたモノらしいが持ち主は特定できておらず、現れなかった場合は発見した登山家の物になるとのこと。
宝石の推定評価額は1700万円~3300万円、まさに夢のような話である。

しかし気になるのはこのカバン、金属製のうえ大量の石が詰め込まれていたとなると相当重かったハズ!
はたして発見者は中身の価値を知らずに自分の装備品より重く汚れたカバンを抱えて下山する気になるだろうか、もしくは現地でこの強固なカバンを破壊して中身を確認したうえで持ち帰ったとすると、持ち主を特定するための証拠となりうる同梱物(鑑定書、契約書、領収書等)はどこへ消えたのだろう(苦笑)

海底に沈む難破船からお宝を発見したという話はよく耳にするが、山中でここまで高額な宝を見つけたというニュースは初めて聞く(地方ニュースで「散歩中の老人が裏山で大きなマツタケを発見!」ならあるかもネ)。
世界の海を駆けめぐる海賊・・・いや、トレジャーハンター達はサルーベージ船を含め相当な装備を必要とするが、過去に墜落した旅客機の記事を拾い集めて落下付近の山を探索した方が安価な投資でそれなりの冒険が楽しめるかもしれない。


さて、昨夜は早々に帰宅したにもかかわらず素焼きの窯出しと釉掛け⇒本焼きの窯詰め作業しかできなかった(涙)
人形塗装のために来てもらった助っ人外人には「ちんあなご」達にマスキング処理だけやってもらい、お帰りいただきました。

塗装待ち
「早く塗っておくれ~」

明日と明後日は別件で外出予定のため今夜は徹夜覚悟で色付けを終わらせるぞ~!
しかし会社業務が期末の決算処理で忙しく、最近は夜間作業がなかなか進まないためブログの話題も肝心の陶芸より前置きの方が長くなってきている気がする(確実に・・・)。

パラギャラが終わったらゆっくりと時間かけて新作の試作を開始しよう、それまでは休まず頑張るしかないノダ!
それではまた(^-^)/~


↓今日も押してってネ↓

陶芸 ブログランキングへ


★『パラソルギャラリー2013』に参加します★
 出展日時:10月5日(土)10:00~20:00
        10月6日(日)10:00~16:00

 出展場所:地図←(クリックしてね)


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kujiraryodan.blog34.fc2.com/tb.php/44-fb7aa024

 | ホーム |  page top