プロフィール

空の鯨

Author:空の鯨
千葉県在住の男性(50歳)です。

本業はサラリーマンにつき今は本名を公にできませんがハンドルネームは「空の鯨」と申します。

陶芸と出会って約3年、夜と週末は大好きな土と奮闘する毎日です。
現在は自宅に小さな工房を構え展覧会にも参加しています。
※陶器市や展覧会などでお会いした方には本名で自己紹介させていただきますネ(^-^)/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


人気ブログ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
6907位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1522位
アクセスランキングを見る>>

くじらや奮闘記


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

この世で唯一の作品集

都内は本日も快晴です、昨日なんかは今年初の冷房を入れるほど暑かったです。
しかし、天気が良かったおかげで作業がはかどりました。
陶芸の製作効率は天候(気温や湿度)に左右されると、つくづく感じました。

そして例の使いづらい土はすべて粘土にもどし終わりました、トータルで20kgくらいあったようです。
現在水抜き中の土を土練機にかけたら、最後に内部清掃が待っております(分解方法は説明書に書いてあるかなぁ)。

昨日はあの後に秋のパラソルギャラリー用の作品を少し挽いてから教室展の作品に釉掛けして本焼きに入っております。
また、オンラインショップの追加作品も無事に素焼き完了です。

【素焼完了】
素焼20150513
オンラインショップへの出品用ティーカップ(3セット)。

さて、GWに出掛けた益子の陶器市で撮影してきた写真60枚を印刷してスクラップブックにしました。

【表紙】
SCRAP1.jpg
台紙は100円ショップで売ってるA4サイズの物です。

【スクラップブック】
SCRAP2.jpg
写真はこの様に互い違いに貼る事で本を閉じたときの厚みが均等になります。

気に入った(と言うより"気になった")作品を片っ端から撮って来ました。
同じものを作りたいのではなく"作陶のヒント"としてイメージするための作品集です。
せっかく遠くまで出掛けたのですから、コレが自分へのお土産であり成果物となります。

写真60枚をコンビニで印刷すると1,800円、ノートが105円なので2千円程度で自分好みの作品集が手に入ります。
ただひとつ残念なのは陶器市が最終日前日だったこと、初日だったらもっと良い写真が撮れたんだろうなぁ。

今日も見にきていただき有難うございます、それではまた(^o^)/~


↓「クジラ」押してってネ↓

人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kujiraryodan.blog34.fc2.com/tb.php/431-d5dfc768

 | ホーム |  page top