プロフィール

空の鯨

Author:空の鯨
千葉県在住の男性(50歳)です。

本業はサラリーマンにつき今は本名を公にできませんがハンドルネームは「空の鯨」と申します。

陶芸と出会って約3年、夜と週末は大好きな土と奮闘する毎日です。
現在は自宅に小さな工房を構え展覧会にも参加しています。
※陶器市や展覧会などでお会いした方には本名で自己紹介させていただきますネ(^-^)/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


人気ブログ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2885位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
643位
アクセスランキングを見る>>

くじらや奮闘記


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

例の陶土は

沖縄の方から台風が近づいてきており、このあたりも風が強くなってまいりました。
今夜から明日の朝にかけて関東地方も天気が大荒れになるとの予報なので今日は早めに帰宅するつもりです。

先日、いつも携帯している折り畳み傘を紛失してしまいました(いつどこでか不明)。
高価な傘でした、それまでは千円以下の安物を使っていて半年くらいで壊れてしまうので今回は丈夫な物を購入したのですが、たいして使う前に無くしてしまい大変ショックを受けております。

これから雨が降る事はわかっているので、あとでまたコンビニで安物を買ってきます。
いつどこで無くすかわからないような人間には紛失しても悲しくないくらいの安物がお似合いなのです(笑)

さて、先日から大量にもどし始めた陶土を土曜日の陶芸教室で使ってみました。
ロクロで挽いてみたのですが、これが何とも挽きづらい!(半磁器土以上です)
まとまりが悪いと言うか土ごろしも難しかった。

挽ききった器のフチが切れてしまうので、あらかじめ余分に高さを取っておいて最後にカットするつもりで挽くしかありません(何度やっても切れました)。
しかし「この土は口の部分が切れるかもね」と最初に土を触っただけで解かった先生はさすがです。

そしてこの土は乾燥も早いです。
午前中に挽いた後、外に出しておきましたが、曇っていたのに持ち帰れるくらい水分が飛んでおりました。

【フリーカップ+めし碗】
乾燥中20150512
先生は「焼くとかなり縮みそうだね」とも言っていたのでカップは全て大き目に挽きました。

以前手びねりで人形に使用した事があるのですが、この黄色っぽい土が焼くと灰色に変わるのは何とも不思議です。
器としての重さはどんな感じなんだろう、焼き上がりが楽しみであります。

今日も見にきていただき有難うございます、それではまた(^o^)/~


↓「クジラ」押してってネ↓

人気ブログランキングへ

コメント

先生の体験や経験を通して身に付けたスキル…流石ですね^ ^
イイ陶芸教室ですね^ ^
2015-05-12 13:32 | 華夜 #- | URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

華夜さん
ぜひ教室展へ先生の作品を観に来てくださいな。
2015-05-12 15:45 | 空の鯨 #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kujiraryodan.blog34.fc2.com/tb.php/429-e9d178fe

 | ホーム |  page top