プロフィール

空の鯨

Author:空の鯨
千葉県在住の男性(50歳)です。

本業はサラリーマンにつき今は本名を公にできませんがハンドルネームは「空の鯨」と申します。

陶芸と出会って約3年、夜と週末は大好きな土と奮闘する毎日です。
現在は自宅に小さな工房を構え展覧会にも参加しています。
※陶器市や展覧会などでお会いした方には本名で自己紹介させていただきますネ(^-^)/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


人気ブログ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
7475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1587位
アクセスランキングを見る>>

くじらや奮闘記


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

袋物の練習

都内は本日も晴天ナリ、地元の千葉県は1度も積雪が無いまま2月を迎えました。
このまま冬が終わってくれると良いのですが、しかしながら北の大地は大雪に見舞われているようですね、この夏に行く予定の羅臼などは積雪179cmで自衛隊が派遣されたようです。

179cmといえば僕も含めてほとんどの日本人は跡形もなく埋まりますね、住民の方々は買い物とかどうしているのでしょう?
この辺みたいに「タバコが切れたからちょっくら買ってくるわ」という訳にはいかなそうです。

さて、土曜日の陶芸教室での袋物の練習ですが前週よりは多少薄く挽けたような気がします(午前中しかやりませんでしたが)。
写真は挽き終えてから縦にカットした断面です。

【袋物断面】
袋断面
指先の感覚で想像したよりずっと厚みがあります、前週はもっと厚かったのだと思われます。

切ってみると良く解かりますね、このあと意識しながら何度かやってみましたが厚みはほとんど変わりません。
ロクロこんなに下手くそだったかな?最近バイクいじりにかまけてばかりいたから腕が落ちたのだろうか?

【小鉢断面】
小鉢断面
ためしに小鉢をひとつ挽いてみた・・・。
思い通りに出来たぞ、著しく腕が落ちた訳でもなさそうだ。

筒状に高く挽いている段階ではもっと薄いはず、ダラダラと胴を膨らませる工程で厚みが増すのだと思います。
腰のあたりはあまり薄く挽くと重力の餌食になるので削りで薄く調整するとしても、胴から上にかけてはもう少し薄く挽けるようにもっと練習が必要だなぁ・・・。

☆今日も見にきていただき有難うございます、それではまた(^o^)/~


↓「クジラ」押してってネ↓

人気ブログランキングへ

コメント

乾燥させる前だと切ってしまった器をまたこねれるんですか?
しかしながら奥深いものなのですね。
2015-02-03 15:07 | 華夜 #- | URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

華夜さん

乾燥してしまっても水で戻せば何度でも使えますよ。
しかし、焼いてしまったらもう戻せません。
2015-02-03 16:08 | 空の鯨 #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kujiraryodan.blog34.fc2.com/tb.php/369-2be0445e

 | ホーム |  page top