プロフィール

空の鯨

Author:空の鯨
千葉県在住の男性(50歳)です。

本業はサラリーマンにつき今は本名を公にできませんがハンドルネームは「空の鯨」と申します。

陶芸と出会って約3年、夜と週末は大好きな土と奮闘する毎日です。
現在は自宅に小さな工房を構え展覧会にも参加しています。
※陶器市や展覧会などでお会いした方には本名で自己紹介させていただきますネ(^-^)/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


人気ブログ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
8626位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1932位
アクセスランキングを見る>>

くじらや奮闘記


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

何事も基礎が大事?

昨日20cmも積もった雪は意外にあっさり溶けて消えてくれたおかげで今朝の通勤はカブで駅まで行くことができました。
そして気になるソチ五輪の結果は朝のニュースで知りましたが、期待されていたジャンプ女子の高梨選手は残念ながらメダル獲得ならず。
しかし、あの悔しそうな表情は4年後に向けた飛躍につながるものと信じております。


さて、外は大雪だったこともあり昨日は外出はせずに1日自宅で過ごせたので作業もはかどり・・・。
手間のかかる絵コンテ(第3話)も描き上げました。
描き終えてみると6ページ(60カット)とナカナカのボリュームになりました(汗)

【第3話絵コンテ】
絵コンテNo3

最初に物語の構想をシナリオに起こした後に絵コンテを描いてからカット画どおりの撮影を行ないます。
面倒な作業ですが、この手順でやらないと「くじらや劇場」は完成しません。
特に「絵コンテ」は重要でロケの撮影時間が大幅に短縮されます。

~製作の流れ~
1.シナリオの作成
 目的:物語の構成を整理する。
2.絵コンテの作成
 目的:頭の中のイメージを具現化する。
3.撮影(気にするのは天候と時間帯)
4.編集(セリフ+BGMの付加)

1と2にはそれぞれ上記のような目的があります。
絵コンテでイメージを具現化することによりキャラクターの動きや必要な小道具といった物がハッキリ見えてくるので、このフェーズ後に追加作製する物も出てきます。
よって、特に時間がかかる3と4の工程をスムーズに行なうためには「絵コンテ」は欠かせないのです。


そして昨日の午前中に細工を終えた蓋碗は現在素焼きの窯の中・・・。
素焼0211

帰宅時間には完了しているはずなので、今夜はすぐさま釉掛けと本焼きに入ります。
しかし、あとのまつりですが蓋を置く位置は失敗だったかなぁ(-_-;)
最初は器が収縮し過ぎないよう蓋して焼こうかとも思ったのですが、取れなくなっても困るしぃ・・・
などと考えていたら中途半端な詰め方になってしまった(苦笑)
4つ共無事に焼けてるといいけどなぁ

それではまた(^o^)/~



↓今日も押してってネ↓

陶芸 ブログランキングへ


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kujiraryodan.blog34.fc2.com/tb.php/130-c18f94c3

 | ホーム |  page top