プロフィール

空の鯨

Author:空の鯨
千葉県在住の男性(50歳)です。

本業はサラリーマンにつき今は本名を公にできませんがハンドルネームは「空の鯨」と申します。

陶芸と出会って約3年、夜と週末は大好きな土と奮闘する毎日です。
現在は自宅に小さな工房を構え展覧会にも参加しています。
※陶器市や展覧会などでお会いした方には本名で自己紹介させていただきますネ(^-^)/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


人気ブログ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
7475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1587位
アクセスランキングを見る>>

くじらや奮闘記


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

自由研究

昨夜帰宅すると自宅から徒歩5分の実家の母から東金市に住む妹が夏休みで遊びに来ているので「これから(我が家に)行っても良いか?」との電話があり、妹とその息子を連れて遊びに来た。
しばらくぶりに見た甥っ子は母親の身長を追い抜きデカくなっている事にビックリ!
あの仮面ライダークウガが大好きだったチビッ子がもう中学生か(いったい何年会って無かったのだろう)。

そして2階の作業部屋にやってきた甥のリキがロクロや窯を興味深そうに見ているので「やってみたい?」と聞くと照れくさそうに微笑んでいる。

僕:「小学生だったら何か作ったら自由研究のテーマになるのにねぇ」
リキ:「今年から夏休みの宿題に"自由研究"が追加されたんだ去年まで無かったのに・・・」
僕:「それなら丁度いい、1時間くらいで何か作ってみるかい?」
妹:「いいの?リキやらせてもらったら?」
リキ:「うん」

てな事で午後9時過ぎより即席陶芸教室をやることとなった。

リキ
「初めてだから玉づくりでやってみよう!」

妹が心配そうに息子を見つめながら写真をパチリパチリ・・・。

この子は集中力が高く学校の成績も優秀でスポーツも万能、幼少から始めたピアノの先生から「この生徒は手放したくない」と言わせるほどの才能に加えて絵画のセンスも持ち合わせている。
今から始めればきっと素晴らしい陶芸家になるんだろうなぁ・・・

リキ
1時間で直径23cmほどのサラダボウルの成形が完成!

初めてにしてはイイ感じですな、あとはレポート用紙に妹が撮った写真を数枚貼り付けてその工程の説明を書き加えたものを作品に添付して提出すれば素晴らしい自由研究の成果物となるのだ!
本来なら釉掛けと窯詰めもやらせたかったが彼は夏休み期間中もサッカー部の練習があってなかなか時間が取れないのです。

しかし、このまま美大に進ませて将来リキを「くじらや」の作家としてデビューさせよう!
などど思わずニヤけてしまう妄想も膨らみつつある(^-^;)


さて、試作化粧土を施したマグが焼き上がりましたが・・・

試作マグ
黒くない(>o<)ノオ~

白くも無いしどちらかと言えばその中間色(カフェオレの色です)。
嫌味な色では無いので雰囲気として悪くはないのですが、やはり求めている色は味わい深い漆黒なので着色料をさらに10%加えてみる事にします。

MN-1
確かによく見ると・・・

夜間に調合したので分かりずらかったのですが朝日の下で見ると確かに黒くないですな(T0T)
時間がもったいないので2回目の試作はテストピースで実施します。
まずはパラソルギャラリーの作品を優先しなくては(汗)

そんなこんなで昨夜は突発的なイベント発生のため自分の作品製作は何ひとつ進まなかったのダ~。゚(゚´Д`゚)゚。

今夜こそはちゃんとヤルです!何があっても絶対ヤルです!
しかし先日CATVで録画した『CASSHERN』も観たいなぁ・・・す~ごく観たい(>o<)
でもヤルです!(・・・何をヤルんだっけ?)


(`∩´)/「キャシャーンがやらねば誰がヤル」
なんのこっちゃ・・・(汗)


今日も外は殺人的な猛暑ですが熱中症に気を付けて頑張りましょう!
またね~(^o^)/~


☆ランキングtop10に入りました!ありがと~☆

↓今日も押してってネ↓

陶芸 ブログランキングへ

コメント

ありがとうございました

ありがとうございました
楽しくできました☆
2013-08-15 23:04 | リキ #- | URL [ 編集 ]

お茶碗キレイに出来上がってて感動しました(*´艸`)
優羽も楽しかったです!
ありがとお((o(´∀`)o))
2013-08-15 23:06 | ユウ #- | URL [ 編集 ]

いい感じだ

二人とも良い作品が作れて良かったね!
なかなかいいセンスだ(^o^)b
2013-08-15 23:40 | 空の鯨 #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kujiraryodan.blog34.fc2.com/tb.php/11-d6656fe6

 | ホーム |  page top