プロフィール

空の鯨

Author:空の鯨
千葉県在住の男性(50歳)です。

本業はサラリーマンにつき今は本名を公にできませんがハンドルネームは「空の鯨」と申します。

陶芸と出会って約3年、夜と週末は大好きな土と奮闘する毎日です。
現在は自宅に小さな工房を構え展覧会にも参加しています。
※陶器市や展覧会などでお会いした方には本名で自己紹介させていただきますネ(^-^)/


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


人気ブログ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
891位
アクセスランキングを見る>>

くじらや奮闘記


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

冷酒器

昨日は台風並みの強風が吹き荒れており僕が2階の工房で作業中、風の音が怖かったのか愛犬「小太郎」が遠吠えのように「クォーン」とずっと鳴いていました。
週末は近所の桜並木も3割ほど開花して春の景色が訪れました。

そして都内では「スカイツリーのスペシャルライトアップ」が開始(4月13日まで)され、桜色に輝く電飾が隅田公園の夜桜見物客の目を楽しませているとのこと(こいつぁ粋な演出だ)。
帰宅途中の錦糸町(総武線)を通過する電車内からスカイツリーが正面に大きく望めるので今夜じっくり眺めて見てみるのだ(^-^)

さて、昨日は先日のブログで紹介した「黒化粧片口」酒器セットを7月開催予定のグループ展に向けて増産を開始した。

【黒化粧片口】
黒片口X3

とりあえず、それぞれサイズ違いを3つ成形し、化粧までを施して一旦乾燥させてます。
乾燥後は不格好な注ぎ口を削ってフチの厚みと合わせます、粘土を以前の黒御影土から黒泥に変えたことで、器の方はかなり薄く挽けるし乾燥後のアルミカンナによる細かい削りも容易になりました。

今回、カップは冷酒タイプの物を4点(1セット)付けるつもり。
昨日は粘土が足りなくなったので冷酒カップは試作品を1点だけ作ってみた。
口径は良い感じだけど高さはもう少し高くしたほうが格好が良くなりそう!
やはりフチは薄い方が涼しげな雰囲気が出ますね♪

それではまた(^o^)/~



↓今日も押してってネ↓

陶芸 ブログランキングへ


酒器セット(^-')キラリン

昨日は職場の年度末打上げのため深夜帰宅、楽しみにしていた「世界フィギュア」を観ることができませんでしたが、注目の浅田真央ちゃんのSP演技は首位と最高の滑り出しだったようで良かったです。
おかげで次の演技が楽しみになってきました♪


さて、下の写真は2か月前に製作した片口です。

【黒化粧片口碗】
黒化粧片口

黒泥に黒化粧を施して内側はマンガンラスター釉をかけてあります。
この写真だとラスターの反射がイマイチですが綺麗に仕上がったので、この他に同色のぐい呑2点を付けて「酒器セット」として作品展に出してみました。

この作品は佐賀県伊万里市にて明日から2週間にわたり開催される『国際アマチュア陶芸展』に展示される予定です。
全国(海外も)から様々な作品が出展されるので、お近くの方は観に行ってみてください。
※ちなみに僕は表彰式とは無縁なので九州までは行きません(笑)

国際アマチュア陶芸展伊万里2014
 ・展示期間: 平成26年3月29日(土)~4月12日(土)
 ・時  間: 午前9時~午後5時
 ・会  場: 伊万里・有田焼伝統産業会館

今後同様の酒器セットを7月までに追加で数点製作して、千葉市内で開催予定のグループ展にも展示するつもりです。
この酒器、実物はほんとにカッコイイので7月の少在庫は早い者勝ちなのだ!

それではまた(^o^)/~



↓今日も押してってネ↓

陶芸 ブログランキングへ


亀甲型

春本番となり関東地方は今週末から桜が見ごろとの予報、この時季はいくらでも眠れます。
昨日も昼前に起きたのに昼食後にまたウトウト・・・zzZ
リビングのリクライニングチェアで目覚めると午後6時(°□°)⊅!!エッ

もっと眠れたけど、夜寝れなくなると翌日の仕事に影響するのでフラフラしながら工房へ~
ボ~っとラジオを聴きながら半磁土を一握りこねこね、粘土をいじくり始めたら目が覚めてきたので陶人形の型取り作業を開始する。

「そろそろ作っとかないとなぁ」と思いながらも先延ばしとなっていた「ノコ山さん」の石膏型、全体を1つの型で取るのは難しく、動きもつけづらくなるので型取りするのは甲羅のみです。
甲羅の表情だけは変化しませんので、同じ甲羅さえあれば毎回同じサイズの人形が作れます。

【小物の石膏型作成手順】
①ひとまわり大きめの原型を成形し、粘土が柔らかいうちに真っ二つに斬る。
②真ん中にアルミ板を挟んで牛乳パックの底サイズの油粘土台に固定。
石膏01

③半分に切った牛乳パックに使用する石膏は250g(水210cc)
④よくかき混ぜてから型へ流し込み、指でトントン気泡を抜く。
⑤3時間ほどで固まるので牛乳パックを破り捨て型を取りだす。
石膏02

⑥原型の粘土は柔らかいうちに石膏型から除去する。
⑦さらに丸1日以上乾燥させれば使用可能(完成)。
石膏03

細かい亀甲紋様もキレイに取れました(^o^)v

それではまた(^o^)/~



↓今日も押してってネ↓

陶芸 ブログランキングへ


今日は小太郎の側で・・・

昨日焼きあがった黒マグのソーサーはNG(>o<)ノー

【黒マグソーサーNG】
黒ソーサーNG

高温で焼きましたがブクは出ませんでした。
しかし、釉薬を暑く掛けすぎてせっかくの化粧が意味なくなった(-_-;)

本日は朝から体調不良につき会社は休みをもらいました(昨日飲み過ぎた事は内緒です)。
昼前まで寝ていたので体調はだいぶ良くなり、いまはHPの更新でもしようかと自宅PC前にいます。

愛犬「小太郎」も2階の僕の寝室へご招待。
小20140326

トイレとお気に入りの毛布も移動させたらこの部屋にもだいぶ慣れてきましたが、他の部屋へはまだ怖くて入れない様子(笑)
小太郎の行動範囲はリビングと僕の部屋だけ・・・まだとても狭い世界なのです。
好きなキャンプへ出掛けられるようになるのはいつのことやら。

さてと、ぼちぼち作業に取り掛かりますかね。

それではまた(^-^)/~


↓今日も押してってネ↓

陶芸 ブログランキングへ


増税前に・・・

3月も残すところあと1週間、来月から消費税が8%に増税されます。
今週末は何も予定を入れていないので増税前最後の買い物に出掛けるのだ!
先日「ユザワヤ」から"全品25%OFF"のハガキが届いたので陶芸用消耗品のまとめ買いです♪

インターネットで色々と検索してみると「増税前に購入して得する物とそうでない物」の記事が数多く出ているが、「高額かつ値崩れしにくい商品」がランキングの上位を占めている。
※値崩れ品:新機種発表に伴い現行モデルの大幅値下げ等(こちらの方が安くなる場合があります)

我が家の家計では高額商品を無計画にまとめ買いできるほどの財力はなく、昨年夏のボーナスから少しずつ購入してきたので、いまのところ必要なモノはありません。

★増税前に買い揃えた品物★
 ・自家用車(2013年8月購入)
 ・デジタル一眼レフ(2013年8月購入)
 ・スマートフォン(3013年9月購入)
 ・掃除機エルゴ(2013年10月購入)
 ・液晶TV2台(2013年10月購入)
 ・ペット仔犬(2014年2月購入)
※3万円以上の商品のみをピックアップ

ほとんどが家電で長く使用できる物ばかりだから今後税率が10%に引き上がっても大丈夫なのだ!

昨日も陶芸仲間の家族がノートPCを買い換えたい(イイ判断ですね)と相談を受けたので従業員限定の通販URLをお伝えしたところ、その日のうちにご注文いただきました。
梱包箱の汚れやキズがあって店頭に陳列できなくなったワケあり商品や新古品などの自社製品を格安で家族や友人へも紹介できるんです(^-^)b

その他、日用品のまとめ買いを検討されている方もネット通販がお得ですよ!
在庫切れは無いし自宅まで配達してくれるし、買い物リストが出来ていれば30分でお買い物終了です(^-^)

◎大手通販サイト【楽天市場】←石鹸やトイレットペーパーまで買えます。


さて、2週間前に黒泥で作ったマグカップが焼き上がったのだが・・・。

【黒マグ(のみ)】
黒マグ

思ったより施釉が薄かったようです、化粧も施してありザラザラ感が残ってるので表面は少し磨いた方が良さそう。

そして現在はソーサーの方を焼成中、チョット思うところがあって高めの温度「1270℃」に設定してあります(ブクが出ないといいけど)。
そろそろ陶人形も量産体制に入らないとなぁ・・・。

それではまた(^o^)/~



↓今日も押してってネ↓

陶芸 ブログランキングへ


【くじらや劇場】第3話『遠足へ出かけよう』

週末は天気が良くて有意義な3連休が過ごせました。
金曜日は愛犬「小太郎」と1日中一緒に過ごし・・・。
土曜日の陶芸教室では新たなデザインに挑戦!「ミニポット」を製作しました。

【ミニポット(乾燥中)】
ポット

教室で成形後、発砲スチロールの箱に入れて持ち帰ったのですが、車の運転が荒かったためか取っ手にダメージがかかったと思われ、乾燥中に取っ手上部が切れました(写真は補修後)。
内容量は紅茶カップ2杯分くらいの大きさです。

このほかには「サンマ皿(長細い角皿)」を1枚製作して、こちらは教室で焼成するため(プチ窯に入らない)置いてきました。
あぁ・・・大きな電気窯が欲しい・・・宝くじ当たんないかなぁ~


さて、ブログのタイトルにありますとおり「くじらや劇場」の第3話がようやく完成いたしました。
昨日の日曜日、正午から撮影をスタートして16時には編集作業まで完了、先日新たに入手した「お絵かきソフト」のおかげで製作時間が大幅に短縮されました。

【くじらや劇場】第3話「遠足へ出掛けよう」
第3話

今回から登場する新キャラはイノシシ「イノ吉」の愛娘「ウリミ」ちゃんです。
とっても食いしん坊なウリちゃんが巻き起こす事件が「くじら森」の仲間たちに更なる調和をもららします。

くじらや劇場★←全3話はこちらから視聴できます。

そして第4話の製作状況としては、すでに絵コンテまで描きあがっておりロケを待つばかり、GW中の完成を見込んでいます。
何を隠そうくじら森のロケ地はくじらや工房から徒歩10分の近所にある「千葉市民の森」という場所なのですが、今年のGWのうち3日間はバイク仲間とのキャンプ「市原市民の森」で過ごす予定なので、初の出張ロケを慣行することに?
アシスタントがたくさんいるから楽に終わるかも(笑)

それではまた(^o^)/~



↓今日も押してってネ↓

陶芸 ブログランキングへ


くじらとわんこ

大人になってからだと思う、朝から降る雨に気が滅入ります。
通勤遠いし、ズボンは濡れて気持ち悪いし、窓の外も薄暗く、なんとなく元気が出ません(-_-)
子供の頃はそんな気分になったこと無かったのに、新しい傘や長靴を買ってもらった日には雨が待ち遠しかったりもした。

愛犬の小太郎は毎日独り自宅でお留守番させているけど、犬もそんなふうに思ったりするのかなぁ?
1日の大半を会社で過ごすサラリーマンに飼われたペットは、その同じ時間を独りで過ごしているんだよね、だから僕は帰宅後は忙しくても必ずスキンシップを取る事にしている。
最近は外食せずに帰宅して夕食は小太郎と一緒に食べるようにもなった。

数年前に友人から教わった「犬と私の10の約束」、作者不詳の詩「犬の十戒」を日本語に訳されたものですが、いま読み返してみるとやはり長いお留守番はとても可哀想に思えてしまう。


『犬と私の10の約束』

1. 私と気長につきあってください。

2. 私を信じてください。それだけで私は幸せです。

3. 私にも心があることを忘れないでください。

4. 言うことをきかないときは理由があります。

5. 私にたくさん話しかけてください。人のことばは話せないけど、わかっています。

6. 私をたたかないで。本気になったら私のほうが強いことを忘れないで。

7. 私が年を取っても、仲良くしてください。

8. 私は十年くらいしか生きられません。だからできるだけ私と一緒にいてください。

9. あなたには学校(会社)もあるし友だちもいます。でも私にはあなたしかいません。

10. 私が死ぬとき、お願いです、そばにいてください。どうか覚えていてください、
  私がずっとあなたを愛していたことを。

【小太郎(♂)0歳5か月】
小20140319

この際だから、ちゃんと勉強してフリーランスな陶芸家を目指してみるか!?
そして忠実な愛犬といつも一緒の生活♪(夢のような未来なのだ)


さて、昨夜窯から出てきた「赤炎マグカップ」は予想通りの焼成結果となっていた。

【赤炎マグカップ】
赤炎マグ

写真を見ればもうお解かりでしょう!
カップと取っ手の色が違います、カップ本体はロクロによる並こし土を挽いた物、そして取っ手はというと同時進行で製作中だった陶人形用の半磁器土だったノダ~(>o<)/アチャー

素焼きが上がるまで全く気づきませんでした(未熟者です)。
指でならした取っ手の接着部分は色が混ざってマダラになっている。
軽く炭化で焼き締めた雰囲気が出る釉薬を掛けたので「うまくぼやけてわからなくなるかな、逆にイイ感じの雰囲気になったりして」(^-^)ムフフ


「アマい考え」だったようです!!

残念ながらこの作品は「ハネ」が生えて近所のフリマに飛んでゆく運命に決定しました!

我が家にはこのようなハネ物がごろごろしており「ハネ品」の烙印が押された作品は古新聞にくるまれて専用のダンボールに収納されます。
そして、ある程度ダンボールが一杯になったらフリーマーケットで叩き売られて次の粘土代となるのです。


  「チョット、そこの奥さん♪」
  「手作りで一点物の器が今ならどれでも100円だよ~」
  「10年後には価値が上がるかもよ~、安い投資だよ~」


  「あの・・・だれか買って・・・。」

  「家にはお腹をすかせた仔犬が・・・。」

それではまた(^o^)/~



↓今日も押してってネ↓

陶芸 ブログランキングへ


大幅値上げ?

僕は特に欲しい物が無くても時々ネットで数か所の陶芸用品オンラインショップを眺めている、タイミングが良ければ店舗によってキャンペーンやってたりする、陶芸用品は高いですからね!
そんな時にたまたま覗いた電気窯のページを見てビックリ!!!

以前のブログで紹介したこともある、我が「くじらや工房」で使っているプチ窯くん。
 製品名:マイコン付小型電気窯Petit(プティ) 型名:DUA-01

が「な・・・なんと値上げされてる~???」
しかもその値上幅が大きすぎる!!!

1年前に僕が購入した時は「14万5千円」だった・・・。
しかし、今見ると「21万円」!(その差、6万5千円)
※6万5千円あれば新品の電動ロクロが買えるのだ。

「まさかのモデルチェンジ?、でも型名や見た目はまったく同じだし・・・。」
どうしても気になるのでメーカーのHPを見てみると、値上げの理由は「原材料費、燃料費、モーター価格等の高騰によるもの」とのお知らせが出ていた。

メーカーの価格改定表では旧価格が「オープン価格」となっているが、小売店(通販)では・・・
旧価格:149,000円(2013年12月末まで)
新価格:250,000円(2014年1月以降) ★差額:101,000円

もともと10万円台だった電気製品が定価レベルで10万円以上の値上げなんて聞いたことありません!
そうなると僕が購入したタイミングはまさに最適だったと言えるが、増税前の購入目的で貯金していた人にとっては大変気の毒としか言いようがない!


さて、話はコロッと変わりますが昨夜は就寝前に本焼きの窯出しができたヨ♪

【赤炎汁碗 Part2】
赤炎碗2

前回焼いた作品よりもっと赤を強調させたく釉薬を薄掛けにしてみたのですが、コレもまた良い感じで焼き上がりました。
現在も薄掛けで赤炎のマグカップを焼成中です(内側は白系「卯の斑」)。

素焼20140318
この作品は成形時に、あるミスを犯しており素焼き後にそのミスが発覚!

どんなミスかは恥ずかしくて教えられませんが(写真でわかるかな?)、ハネ覚悟で釉掛けして焼き始めたものです。
万が一イイ感じに焼き上がったら、それこそ「失敗は成功のもと」なのだ(笑)

それではまた(^o^)/~



↓今日も押してってネ↓

陶芸 ブログランキングへ


もっとスピードアップだ!

本日も都内は快晴、だいぶ暖かくなってきました。
ほとんど着ることが無くなった会社に置きっぱなしのカーディガン、帰宅の電車内も汗ばむほど暑いので今のところ着て帰るタイミングがつかめません(笑)
予報だと今週中にもう1回寒い日があると言っていたので、その日を逃さず着て帰るとしよう!

さて、現在工房ではプチ窯くんが本焼奮闘中ナリ・・・。
先週の教室で成形した黒マグ&ソーサーの乾燥が終わっていたら他の作品と一緒に素焼きしてしまおうかと思いましたが、乾燥状態は「もぅチョイ」の様子なので昨日のブログで紹介した「赤炎汁碗」第2弾の焼成を開始しました(窯出しは明朝かな)。

【黒マグ&ソーサー(乾燥中)】
黒マグ&ソーサー素焼前

このマグカップは4個製作しましたが、2つ目に成形した物のサイズがイマイチだったので壊す前に縦割りに切って、たまには先生に挽き具合の指導を受けてみようかなぁ・・・なんて思って観てもらった。

先生曰く「へぇ~上手に挽けてるじゃない、厚みもいい感じだよ~」と一言、指導されるところは特にありませんでした。
すると隣のロクロ挽いてたトモソコさんが「チョット僕にも見せてヨ」と寄ってきて「おぉ、イイじゃな~い」と言ってくれました。
プロの先生や陶芸の先輩にほめられたので嬉しくてしばらくニヤニヤしてしまった(*^-^*)

それなら次はスピードアップが課題かな、ちなみにウチの先生は湯呑なら1時間で50個以上挽けるらしい(驚)
まぁ僕は陶芸で生計を立てているわけでは無いから、そんなに早く挽けなくてもいいけど、リズミカルに同じサイズの器をポンポン挽けるくらいになれるといいなぁ~。

それではまた(^o^)/~



↓今日も押してってネ↓

陶芸 ブログランキングへ


暖かな2連休

週末は天気が良く暖かで絶好の「くじらや劇場」ロケ日和でしたが、2日間共予定が入っていた為ロケはまたまた延期であります(^-^;)

連休初日、土曜日の陶芸教室では予定通り午前中から黒マグの製作に取り掛かりました。
黒泥のカップとソーサー(4セット)を電動ロクロで挽いて外の日陰で乾燥させながらランチタイム。
普段だと食事しながらワイワイガヤガヤ生徒さん達の楽しい会話が飛び交う時間なのですが、この日は日本橋で開催中の「週末陶芸家7人展」が最終日ということで参加メンバーは全員ギャラリーへ出向いていたからとても静かだったなぁ。

先週までは昼食後に人形とか他の何かを製作する時間があったのですが、食後の一服中に作品を触ってみると・・・。
外気温がこれだけ暖かくなると午前中に成形した作品の乾燥が早く、外に2時間も放置したらカチカチになりそう。

というわけで午後のスタートから高台削りや表面の補正をし始めたら、結局「ケロ小壺」の蓋を再製作する時間がなかった(-_-;)

そして日曜日はバイクのツーリングクラブで毎冬の恒例「苺狩り」ツーリング
本当は先月が1番良い時期だった"苺狩り"は大雪の影響で1か月延期となったのですが、やはり農作物はピークを逃してしまうと味が落ちますね。


さて、自宅工房の作業進捗はというと・・・。
汁碗の本焼きが完了しました。

【赤炎汁碗】
汁碗0316
釉薬は流し掛けですが良い発色で2つ焼き上がりました(内側は鉄天目です)。

この器をあと2個焼きますが、もう少し赤を強調したいので次はもっと薄掛けにしてみます。
コレ自宅で使おうと思って製作しましたが、イメージ通りに出来たら7月のグループ展に出展するつもり。
しかし、こんなペースで展覧会に間に合うのだろうか・・・(焦")

それではまた(^o^)/~



↓今日も押してってネ↓

陶芸 ブログランキングへ


 | ホーム |  » page top